So-net無料ブログ作成
検索選択

ママがサンタにキスをしたの歌詞の英語とカタカナと和訳!動画で練習しよう [クリスマスソング]

そのサンタはパパ♪。「ママがサンタにキスをした」の原曲は、英語の歌、「I Saw Mummy Kissing Santa Claus」です。
最初にリリースされたとき、ボストンのローマカトリック教会は、この歌を猛非難。
もちろんすぐに解禁されたわけですが、その理由は歌詞に?


「ママがサンタにキスをした」基本情報

原曲「I Saw Mummy Kissing Santa Claus」の作詞作曲は、イギリス人のトミー・コナー(Tommie Connor).
最初の録音は、1952年7月、当時13歳のアメリカ人、ジミー・ボイドが歌ったものです。
それは、ニューヨーク5番街の高級デパートで、有名アーチストによるオリジナルクリスマスカードの宣伝に使われていました。

その年の12月、アメリカのポップスシングルチャートで1位を獲得。翌年の始めにはキャッシュボックスチャートでも1位となりました。

sponsored link





ママがサンタにキスをした 英語歌詞、カタカナ、和訳

細かいのですが、マミーは、イギリスではMummy、アメリカではMommyとつづります。

I Saw Mommy Kissing Santa Claus 

I saw Mommy kissing Santa Claus
Underneath the mistletoe last night.
She didn't see me creep
down the stairs to have a peep;
She thought that I was tucked up
in my bedroom fast asleep.

アーイ ソー マミー キッシング サンタクロース
アンダニース ザ ミソートー ラストナイト
シ ディドン スィミー クリープ
ダウン ザ ステーズ トゥ ハヴァ ピープ
シ ソート ザット アイワズ タクタップ
インマイ ベッドルーム ファースタスリープ

ボクはサンタにキスしているママを見た
昨夜ヤドリギの飾りの下で
ママはボクがしのび足で階段を下りてのぞいていたことに気づかなかった
ぼくが自分の部屋でぐっすり眠っていると思って


Then, I saw Mommy tickle Santa Claus
Underneath his beard so snowy white;
Oh, what a laugh it would have been
If Daddy had only seen
Mommy kissing Santa Claus last night


ゼン、アーイソー マミー ティコー サンタクロース
アンダニース ヒズ ビード ソースノーウィー ワイト
オーワッタラーフィット ウドハヴビーン
イフ ダディー ハド オンリースィーン
マミー キッシング サンタクロース ラストナイト

それから、ボクはサンタクロースをくすぐっているママを見た
真っ白なサンタのおひげの下を
ああ、とっても笑っちゃっただろうな
昨日の夜ママがサンタにキスしてるところをもしパパが見てたら

歌詞付き動画こちら。カラオケみたいに文字を追っています。


こちらは歌詞付き、ジミー・ボイド版。上の動画よりゆっくりですから、実は練習に良いかもしれません。


英語の歌詞は、クリスマスイブの夜、上の階で寝ているはずの子どもがこっそり階下に降りてきて、ヤドリギの下でママがサンタにキスしたり、くすぐったりしているのをママの知らないところで目撃した、という内容です。(男の子が歌ってるのでボクで訳してしてみました)

日本語では、サンタはパパってなってますが、英語ではこの子にとってパパとサンタはどうやら別人です。


教会がこの歌を非難したわけ

っていうか、この最後の部分、どういう意味なのでしょう??
ちょっとわかりません。笑っちゃっただろうってどういう意味なんでしょうね。

このあたりが、神聖なクリスマスにけしからん、とカトリック教会が非難した理由だと思われます。。

アメリカの小学生が対象のとあるアンケートによると、
この歌を聴いて、

39%の子どもが、この歌のママが浮気をしていると思い、
27%は、ママとパパとサンタの三角関係だと思ったということです。

サンタはこの歌のボクのパパだと思った子どもはたった10%。

いろんな意味にとれるわけです。
歌ですからね、深く考えずに印象だし。

日本語では、”サンタはパパ”って断言しちゃってますからね。
全く罪のない歌と思われますが。

英語は、子ども目線なわけで。

で、この教会の非難を解決したのは、なんと、この歌を歌っていたたった13歳の少年。
自ら教会に説明をしにいって理解を得ることができました。

13歳の少年が説明って。。。。。

もちろん、このうたのサンタはパパであると思われます。
それから、この歌が教会のモラルに逆らっていないもう一つのポイントが、ヤドリギだといいます。

欧米では、ヤドリギの下でカップルがキスする習慣があるそうです。
ヤドリギは幸福や安全をもたらす聖なる木で、もとはケルト族の習慣だったそうですが、のちにキリスト教でも取り入れられました。今でもクリスマスの時期にはヤドリギの小枝をつるして飾ります。クリスマスツリーや柊のリースを飾るように。

こんな感じの飾りです。
mistletoe_s2.jpg
出典:thriftyfun.com

だからこれは、不道徳な歌ではない、神聖なクリスマスを汚すものではない、と13歳のジミーくんは説明したのでしょうか。

ちなみに、子どもだったマイケルジャクソンが歌うジャクソン5バージョンのこの歌では、続きにセリフがあります。歌詞付き動画はこちら


I did! I did! I really did see Mommy kissing Santa Clause
You gotta believe me! you Just gotta believe me!
Come on, fellas, believe me! you just gotta believe me!

みたの!みたの!ほんとにママがサンタにキスしてるの見たんだ
信じてよ、マジ信じて
ねえ信じてったら、信じて!


完全にパパだと思ってませんよね。



歌詞参考:Christmas carol lyrics
アンケート:Opinions & assholes
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。